第1回撮影会 - フィクション j#1

趣味が増え 小さな小包 届くたび 

         大きなため息 妻と知りつつ

                    詠み人知らず


家族の愛に包まれて 真実を届ける人 jollyです


e0245419_19224865.jpg



彼女の名はpediko
私を当プロジェクトに引き込んだ張本人
プロジェクトのもう1人の裏番長主催者
キャンプBBSきっかけの
俺との付き合いはもうそろそろ7年目を迎える


彼女の見つめるファインダーの向こうにはいつもこの3兄弟がいる

e0245419_19234856.jpg


そう、彼女は3兄弟の母ちゃんなのだ

彼女は片時も一眼レフを放さない
叱りつけている最中でさえ
泣きじゃくる息子にシャッターを押し続ける
彼らにとって母ちゃんの顔はカメラそのもの

そんな非凡な彼女は
某日常ブログの人気ブロガー

これは彼女がブログを始めた頃
e0245419_192496.jpg


この頃からカメラを持たない彼女を見たことがない


類稀なる写真センスと生活センスは
どこを切り取ってみても
ブログだけを知る人たちにとっては感嘆に値するようだ

そうブログだけを知る人たちにとっては・・・

散らかった部屋の片隅で撮られる綺麗なお弁当の写真
牧草地帯と化したお庭を横目に繰り広げられるお家デッキでの憧れのBBQ写真
他の主婦が包丁を握る時間に電ノコフル稼働でプロ並のDIY写真
朝から誘おうにも昼まで寝ていてノーメイクでやってくる素敵なお出かけ写真
etc・・・

そんな日常と写真にいつも華を添えるのは3兄弟の純真無垢な笑顔
ブログにコメントを残す人たちの中には彼らの純真さゆえのファンが多い



だけど真実は異なる 彼らは劇団くまちゃん所属のアクターなのだ


彼らはファインダーの向こうで
彼女の要求に対しそれぞれの役を演じる

e0245419_19244958.jpg


うまく演じられたときには母ちゃんの笑顔がご褒美

e0245419_1925011.jpg


うまくいかないときには駄目だしをされる

e0245419_19252032.jpg


駄目だしが続くとそこは子ども
一目散に逃げ出す始末

e0245419_1925414.jpg


苦笑いするしかない母ちゃん



これが人気ブログの知る人ぞ知る真実

ただしこの真実を信じるか信じないかはあなた次第



でも


ホントどちらでもいいではありませんか?!

e0245419_192728100.jpg


俺はいつもカルガモ親子のような彼女と彼らに癒されているのだから・・・



ここまで書いて脳裏をかすめるのは

次に彼女に会ったあと
無事に家にカエルことは出来るのか?!


e0245419_19284986.jpg


次のブログタイトル『地獄からの生還』 乞うご期待!!



事実はブログよりも奇なり


ブログとはいつもフィクションなのです



                         J
[PR]
by jandp2011 | 2011-09-27 02:32 | etc
<< tenとカメラと父と娘 j#1 第1回撮影会 - 橋の向こう側... >>