ちくぶしま狂想曲 終章 j#1

序章はこちら >>
本編はこちら >>


あやうく「チクブシマ」されそうだった状態から
レポもまもなく帰りの乗船間近
このレポを終えたら夢に「お大師さん」を見なくて済みそうな jollyです。




乗船の時間が近づいて来ました。
帰り支度をしながら船着き場に!
えっ、うちの娘カメラを片付けてる。
tenは行きも帰りも船での写真は撮らないようです(笑
確かに今日は「竹生島で撮影会」やけど…マジメかぁ?




e0245419_0503449.jpg





復路はこいつの世話になる。
「第6わかあゆ」




e0245419_0505290.jpg





14時20分発 彦根港行
もう帰りますよ。
みなさん急いでくださいよ!




e0245419_051281.jpg





竹生島を満喫したメンバーを乗せた第6わかあゆは
彦根港へと向けて40分の船旅に出港した。




e0245419_0511820.jpg





加速のたびに黒煙を活きよいよくまき散らし
竹生島が遠ざかってゆく




e0245419_0514773.jpg





竹生島がああぁぁ~




e0245419_052633.jpg





バイバイまた来るからね♪♪




e0245419_0521578.jpg





振り向くと子どもたちは疲れを知らない


e0245419_0525054.jpg



でんぐり乗船に
のぼり鉄棒に
浣腸攻撃!!
手で形を作ってあおってるのはおしとやかマダムのpedikoさん
旅の情緒もへったくれもない


e0245419_053254.jpg



うおー、ロバは厚手のジャンバー
いっちゃんは、半袖ぇ~
季節感もへったくれもない


e0245419_05322100.jpg





そんなとき、子どもたちを戒める神々しい光が(笑




e0245419_0533515.jpg





後光に照らされながら、私たちの旅も終盤を迎え琵琶湖東岸へと近づいて参りました。




e0245419_0552821.jpg





15時00分 彦根港に入港!




e0245419_0554635.jpg





おだやかな彦根港の姿
竹生島のパワースポット的異様さからすると
この景色を見て一気に現実に引き戻されました。




e0245419_0565145.jpg








e0245419_05764.jpg




なんじゃ?この生物は?
竹生島からカワウの神様が着いてきたのか?




e0245419_0572380.jpg





e0245419_0573731.jpg





そうココはゆるキャラの聖地彦根。
最後に疲れを癒すために
体が甘いものを欲したとかなんとか。
cafeを目指して観光地を行進です。



e0245419_0581310.jpg





到着!




e0245419_0583376.jpg





甘いものでほっこりした後
竹生島の余韻を残しつつ第3回撮影会は解散となりました。




e0245419_0584770.jpg





その後、コロリ夫妻と純ちゃんとtenと一緒に
彦根の名物洋食屋 スイスで晩御飯!!




e0245419_059225.jpg









序章から回を追うごとに面倒になって
終章は明らかに手抜きで
駆け足のレポ感は否めない
だが許してくれ 忙しいけど思い出が熱いうちに
会長として写真をupすることが使命と思って突っ走った。
だから、文章も写真もバラバラ 旋律が一定しない狂想曲。
しかも、みんな他メンバーレポで視覚は満腹で食傷気味!
見飽きた感満載の写真レポにどうせコメントもつかないだろうよ(笑










e0245419_123940.jpg



こうしてレポを終えてみると
竹生島は完全に自分の一部と化した
結局は「お大師さん」が今日も枕元に立ち
私の頭はますます「チクブシマ」に占拠される
そして更に「チクブシマ」され続けた私は
無意識のうちに6度目の竹生島に向かわされるのだ        J










今回も無事に第3回撮影会を終えることができました。
これもひとえに参加者のみなさんのおかげです。
主催者としてお礼申し上げます。
本当に楽しかったですね。
そして竹生島はいいところだったでしょう。


来年の島巡りは漁船で渡ります。
琵琶湖で1番大きな島
淡水湖では世界的にも珍しい有人島
「沖島」 こうご期待!!


次回企画は、12月18日(日)を予定しています。

[PR]
by jandp2011 | 2011-11-23 01:05 | trips
<< 謹賀新年 j#1 ちくぶしま狂想曲 本編 j#1 >>